レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

2019-05-15から1日間の記事一覧

「わたし、定時で帰ります」で無性に泣いた

尺の決められているドラマだから、物事が起きて問題の表出化と解決なんかはテンポ良く登場人物たちも有能かつある程度わかりやすく事象を描写しているというのは分かる。 6話目で、 「女性という立場を利用して異性クライアントとの同調を図り仕事の円滑化に…