レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

1ヶ月くらいの期間でスピード内定を狙う。

就活日記 20180122

今日の行動

 

・講義に出た

・企業訪問をした

 

 

 

今日も8時くらいに起きる。

6時半くらいにアラームが鳴っていたというのに、それを分かっていながら二度寝をしてしまった…。

 

起きたらアベマニュース流しつつ朝ご飯食べて、軽い筋トレを済ませてから大学へ。

アベマニュース、コメント欄で知識が得られるかと思いきやそんなことはなかった。

 

大学にて、またも内職(履歴書に書く材料を埋める作業)をしつつ授業を受ける。

これは学部の専門科目。卒業要件に必須なやつなんで、落とせない科目ではあるが…まあなんやかんやで、救済処置もあるしで楽観視をしているので、このように内職をしている。

 

それが終われば、学食で友達とご飯を食べる。

彼も別の授業、僕は企業訪問があるので別れるのだが、その別れ際に、僕は自分のちょっとした悩みを打ち明けた。

このことは、別の友達の身の上も関わる話なので、掘り下げては書けないのだけど…。

それを話すとき、僕がやろうとすることはとても労力を要すること、決してお互いを低める方向に行ってはいけない、ということなど言われた。

話の途中、僕は思わず涙を流してしまった。

そんな僕を見て、彼には言われた、「泣くなよ」って。

 

 

就職活動とは、自分と向き合い、真に何がしたいのか、自分がどんな人物なのか、であったのかを、ツライ思いをして考えなければいけない。それまでに「漠然と」生きてきた人間なら、なおさら大変だ。僕のことだ。

 

自分と向き合う過程において、他者とも向き合う必要性が出てくる。

なぜなら、他者から見た自分もまた自分だからだ。

他の人にとっての僕はどんな?なんて聞くことは、自分をよく知る人、見てくれている人にしか聞けない。

 

他の人に「見てもらえる」ためには、自分もその人のことを見なければいけない。向き合わなければいけない。

 

世の中の、社会に出た大人の人たちは、そのようなことをして生きているのだ、と思うと、本当に人生の先輩の方々は尊敬して止まない…と、つくずく思う。

 

さて…話を戻すと、友達と別れた僕は地下鉄北24条駅にて待機。ここに会社の方が迎えにきてくれるからだ。

 

待っている間に携帯をチェックすると、面接をしたバイトのところからの連絡があった。

「お祈り通知」だ。

バイトとはいえ、流石にテンションは下がった。これから就活というのに、不合格とは縁起が悪いな…と。

とはいえ、ネガティブには意味がない。なぜ選考から落ちたのか、僕は担当の方へメールを送った。

返ってこないならそれでも良いが、自分の「失敗要因」を知ることは、これからの面接においてとても参考になるはずだ。

 

それから数分、企業訪問先の会社の方から連絡があったので、車に乗せてもらって職場の見学へ。

 

営業で売り出す木材について、会社で売り出している木材のアレコレ、等様々聞いた。

そして事務所の応接室では、僕は質問をひねり出して会社の方に聞きまくった。

営業で大変だったことは?やりがいは?お仕事楽しい?なんでここに決めた?残業ある?他は商材の詳細についての質問なんか…

 

見学をして、話すこと約2時間半ほどしてお開きとなった。

 

向こうの方は僕の大学のOBで、穏やかな人となりであったので、話しやすく感じた。

というより、僕が大人のそういう「成熟したところ」に頼っているだけなんだけど…

 

感想は色々あるものの、流石に具体的すぎると特定やプライバシー的な面で怖いので記さない。

 

帰りも車で駅まで送ってもらって解散。

現在は帰路のバスの中です。

 

これから、ここに応募するのだけど、今日はあとは志望動機を考えるという作業が残っているかな…同業他社との比較とか。

 

 

 

それではまた明日!

あ…土日は企業探してばっか。ほぼネットサーフィンみたいなものです。他は、イデオンプラモ作ってた。