レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

1ヶ月くらいの期間でスピード内定を狙う。

就活じゃない日記

前に内定をもらえてからというものの、一気に気が緩んでしまった。

 

その翌日。意を決して内定保留のお願いの電話をした。

 

前の晩、そしてその日の朝…と、保留をお願いする口上を必死に考えた。

メモ帳に原稿のようなものを作りもした。

 

そして、悩むこと1時間ほど経った10時ごろに電話を入れた。

 

向こうからは、意外にもあっさりと「はい、はい、それは全然大丈夫ですよ」というお返事を頂いた。

 

なんだか、またも拍子抜け。

僕はこの会社に入る意欲があること、その時のお話に感銘を受けたことなどを伝えた。

これは、決して僕としてはとってつけた言葉のつもりは無い。のだけど、その伝え方はどうだっただろう。言い出すタイミング、声の張り方。それら如何によっては、向こうにただの体面づくりと思われても仕方がない。

…なんて、こんなことはもう向こうのみぞ知るところだ。考えたって仕方ない。

 

 

1月31日。午前中。

以前に履歴書を出した会社から連絡があった。

その内容は、「本社に履歴書が届いてないんだけど、ちゃんと出したんだよね?」

というもの。たしかに履歴書を出した記憶はあった。だからもちろん出したと答えて、その電話は一応終わった。

その日の午後、というか夕方。またもそこからの電話。

やはり、届いていなかった、とのことだ。

そして、もう一度履歴書を郵送して欲しいと言われた。今度は速達で。

このことは、本当に萎えた。

そもそも、郵送したものが届かない、なんてことは人生初めてだ。

よりにもよって、こういうタイミングで起こるとは思わなかった。

 

2月1日。

 

1時間半ほどかけて、再び履歴書を作り上げる。

そして徒歩で郵便局まで向かう。実に約30分。

この日は履歴書を出した報告をして、一度終えた。

 

と、そして今日2月2日。

 

郵便物が届いたはいいものの、今度は成績証明書等を出してと言われる。

これも速達で出す。…というのが、つい先ほどのことだ。

 

 

…この会社に行くつもりは正直ない。

だから、心象を悪くされても、もはやいいっちゃいいのだけど。

 

それでも内定を辞退したい、とは何故か言わない。

そんなふうに見切りをつけられない自分がもどかしい。

というか、面接の練習になるのでは、という目論見もある。

 

…そんなことはおいといて!

本当に面倒だった。毎日企業の人とやり取りするというのも、すごくすり減るものがある。

 

ん〜なんだかやるせない。

 

 

ちなみに、1/31,2/1と、すごくダラけた生活をしました。ミリシタのイベ走ってHGギャンクリーガー作ったというくらいだ。あとはホームセンターにメダカ買いに行ったりとか。

 

ながらで聴いてるアイマスレディオも、145回くらいまで視聴した。

…でもこういう「完璧主義」な癖よくないな…。アイレディ聴き終えたら、その後もアイマスのラジオ漁りたいけど、全部順を追って、でなく飛ばし飛ばしにつまみ見する感じでいこうと思います。

 

ああそう、ちなみに今日は大学で一般科目「宇宙科学」のテストを受けてきました。

勉強時間は不十分に感じたものの、意外と答えられた。

学生生活の、授業でテストを受ける、というのはこれが最後だ。

その後は後輩と図書館で落ち合い、一緒に別の授業の課題をこなす。

「宇宙科学セミナー」なるゼミ形式の授業で知り合った後輩。彼は気の良い感じの人だ。

 

課題の内容は「スーパーアースが〜」「シン・ゴジラが〜」「エンケラドスが〜」なんて、面白い問いでした。

 

それが終わってから、成績証明書等を準備したというワケです…。