レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

日記

金曜日の夜のことだ。

 

僕は、大学時代の友達に電話をしてみた。

お互いが勤めるようになってから、幾度となく連絡は来ていた。しかし、僕は、これは非常に申し訳ないことだが、それらを無視していた。

 

彼は市役所づとめ。方や僕は、末端の新聞屋となった。

お互い、まだ役職がないとはいえ、そのような立場の違いに、勝手に僕は格差を感じ、その惨めさから彼に対してリアクションをとらずしていたのだ。

 

が、やはり友達なのだ。好ましく思う気持ち、話したくなる気持ちがやはり抑えきれず、連絡をとってみた。我ながら、ムシのいいやつだと思う。

 

話は羽織るが、すると 彼の家に直接赴くことになった。

 

彼の今の住まい。とあるマンションの11階。展望も、日当たりも良好な物件。家賃は僕の2倍。

友達なのに、このようなステータス的な部分で、自分と他人を比較してしまう僕はナンセンスな人間だと思う。

 

そんな彼の部屋に招待されて、後はほとんど夜通しで、お互いのこれまでのことを話していた。23時〜4時ごろまでのことだろうか。

 

4月に入社してから、どんなことをしているか、どんな業務なのか、周囲の人間関係は、プライベートは、…

色々と話したと思う。

 

彼の話は、とてもごく、いい意味での、高水準な「普通の」話をしていた。

さらに追い越されたと思ったことには、2ヶ月ほど前に彼女ができたのだそうだ。

セックスだってしたらしい。

 

もちろん、それらについてもアレコレ話は聞いた。

 

しかし、なんだかな。

羨ましい、追い越されたと思う気持ちはある。

人間関係も、同年代や上の世代、いろんな立場の人もちゃんといて、そこも…というかそこが一番羨ましいのだけど。

 

「羨ましい」という書き方は、語弊があるのかもしれない。

というのも、僕は「そのような環境を欲している」訳ではないのだ。渇望していないのなら、羨ましいというのは違う。

 

結局は、業務内容が心底楽しめるかどうかである。自分にとって運命性を感じるかとか、そういうところなのだ。

 

だが、この感覚は言語にし難いものであり、大衆的な感覚とも違う。

だから、会話の時にはつい、慣用句的な言い回し、「羨ましいなぁ〜〜」と言って見せることくらいしかできない。

 

けど、これらの言葉たちは、結局回りくどい言い訳なのかもしれないな。そんな風にも思う。

彼と話してみて、自分の感情の正体がよく分からなくなった。

 

しかし、悪い刺激ではなかったはずである。