レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

今の僕は「カイコガ」度が高く思う

誰かが切り拓いてくれた、人の手を介さねば存在し得なかった道の上を、その道がなかったときの事などは考えもせず、そこにあることを是とし、何も思わず歩く。

 

それでも、人間自体はやはり楽をしたいのだから、誰かが新しい道を作る。

何も思わない人は、新たにできた道の上を、やはりそのまま歩くだけだ。さらに便利になった、と感じるだけで。

 

そのような人たち、そうでない人たちを

「想像力のある/ない」で分類するとしたら。

僕は後者の人間に分類されるかもしれない。

 

道を作ることの大変さを全て知り、体感しようとまでは思わないが…

それでも実感として体験すべく行動しなければ、僕に成長はないのだ。