レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

コミュニケーションを考える

今日の辞めたい度:50

 

上司は私用が忙しい。

引越しの準備がどうとかで、明日、明後日は休みを取っている。

 

大先輩はというと、日勤にするということで、朝刊業務を外れた。

 

もう一人の先輩も、シフトが休みの日。

 

明日、社員としての朝刊の出勤は僕だけである。

それはいい。のだが、配達の大変な場所に行かされるのと、電話業務の両方を受け持つこととなった。そんな経験は今までなかったのに、いきなりだ。

各々、事情があるとはいえ、少しばかりか理不尽を感じる。

だから、「明日どんなトラブルがあっても、経験のない自分に無茶をやらせたあなた達のせいだ」と主張したく思う。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

先週の日曜日。

幸い、シフトが休みだった。世間と休みが合っていたため、友達と僕の家で宅飲みをした。

大学時代の同級生と、後輩の3人でだ。

 

男の話す話題といえば、たかが知れている。

女性がらみの話題がほとんどだった。

あとは仕事のこととか、この国の将来とか。

僕は、恋愛について考えていること、友達の彼女について、また色々と話を聞いた。

飲みながら、食べながらだから、ふざけあったりしつつではあったけれど。

とても実のある話ができたと思う。

 

僕たちは、どこか茶化しながらでないと、普段の話はやっていけないと思う。

でも、彼らとは、そんな話もしつつ、真面目なトーンで、例えば本人の芯となる哲学を語り合えるような友達なのだ。

そんな存在は、僕にとって、とても貴重だ。

お互いに踏み込んで話ができるのだ。嘘をつかずに。見栄を張らずに。

こういう関係は、続けていきたく思う。

 

 

僕は、人と約束をして会うときに、何かしらの「アクション」か、「知見」を身につけようと決めた。

 

この日、ある「アクション」を起こした。

周囲に押されつつではあったかもしれないが、

ひとりの女の子と、会えないかどうかという、誘いの連絡を入れたのだ。

 

返事は…「分からないからまた連絡する」とのことだった。この反応は…w

 

ともかく、自分で心に決めたことは果たしたのだ。結果はともかく、少しばかり、前に進めたのだと思う。

 

当然だが、余暇時間は限られている。

僕は、仕事の時間が不充実であると感じている。

であれば、プライベートの時間こそ自分を鍛えるしかない、と感じるのだ。

 

だから、友達と会うときこそ、ただ「遊ぶ」…というより、「無目的に一緒にいる」のでなく、何か前進や、創造的な遊びをすることを強く意識することにした。