レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

宗教かぁ

お客さん回りをしていたときのこと。

 

とある方に、

聖書と、その啓蒙をするサイトについてを誘われた。

とはいえ、それは毎月のことなのだ。毎月末、集金業務でこの方の元には尋ねている。

 

話の折に、向こうから

「それで〜〜」というふとした拍子から毎度、

聖書の啓蒙サイトについて誘われる。

そのたびに僕は「ええ、いいですね〜〜」といいような相槌をうつのだ。

 

たしかに、宗教には興味がある。

なぜ、人はそれを信仰するのか。

信仰するものの違いによって争いすら起きる。

それだけ、人間のあり方の根幹に関わるような大きなものである、という見方すらできるだろう。(もちろん、単なる信心のすれ違いというだけでなく、そこが発端となった派閥争い・利害関係の方が大きな要因となってはいるのかもしれない。ことに現代においては。)

 

このような関心を持っている、という自分のことは忘れずにいたい。