レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

他己分析

をする、という人と出会う機会があった。

今日は休みだったので、その人と会ってきた。

向こうは30代の女性。

 

カフェで落ち合い、心理学的な様々な話をし、特に僕自身のパーソナリティについて色々と聞かれた。

僕自身のもつ「善さ」を分析してもらった。そのことについて、自分はこんな人となりである、と自信を持って言っていいとも助言された。

向こうはともかく、好意的な解釈をするのだ。

こそばゆい感覚ではあったが、不思議と包容感というか、導かれるような「健全な心地よさ」を感じた。

 

このような出会いを通じて、僕は異性に対する情動的な、要するに「女性とセックスをしたい」という欲求でなく、根っこから「(比較的)アカデミックに異性を知りたい、そのためにこの人と接してみたい」と思うようになった。 

 

今の僕にとって、これは僥倖である。

 

また、今日は物事に対するその人の価値観を聞ける日でもあった。

「どんな事象にどう思っているか」を人から聞くことは、とても楽しかった。