レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

休日出勤

を、することになった。

このことを、わざわざ日記として書き綴るあたり、それが自分にとってのインパクトのある出来事だというのだろう。

 

しかし、不思議ともう、僕はこのことを「イヤだ」とは思っていない。

 

仕事は、楽しいと思ってやってはいないかもしれないが、

「与えられたタスクに対し、自分がどう立ち向かうか」という命題を与えてくれるのが、自分にとっての今の仕事なのだ。

 

それは、僕にとってなんらかの価値観を与えてくれる課題であると信じて疑わない。

 

だから、「急な休日出勤」に対しても、やせ我慢でなく、やってみせるという意欲を見せるのである。

賃金や休日の無くなる云々といった、制度的なことを気にするよりも、自己のリアクション性をより良くしようという意識が優っているという心情の証左でもある。

 

人間的な、必要程度の生活を営む土壌は会社には用意されているのだ。

だからその土壌のもとで、どのように歩を進めるか。そのようなことばかりを、具体的には思いつかないが、少しばかり考えている。