レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

希望をみる

社内で、職権乱用をしたいと夢をみている。

そのために、少しづつ動いてはいる。

 

学生と、新聞を少しでも近づけようと思い、今はその信念に従った行動を地道にしているのだが、そんな素振りが伝わったのか、事務方から

学生向けチラシが会社に仕入れられたとき、そのサンプルを僕のデスクに置いておいてくれたのだ。

 

自分のやっていることを、誰かが見ていてくれたということ。

そこにコミットするよう、手を差し伸べてくれたということ。

嬉しいことだった。

 

どうでもいいが、僕は今日、今までの仕事の中で初めてと言えるほど、本当にひっきりなしに外回りをしていた。