レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

手癖でナニかを延々と書くことは

一種の才能と呼ぶべきか?

 

問題は、その「手癖」で書く内容に、ある程度の信頼性が保証される情報に依拠されるものが感じ取らなければ、社会的に無価値と唾棄されそうな点である。

 

そして、このような文言は、僕自身のライティングスタイルについて、深く自省すべき所だ。

つまり、「発言にブーメランが刺さっている」。

 

それでも、延々と書くことは、個人的には楽しいのだ。

うすく広がるような、自分の中の価値観の連鎖。肯定されることもなければ、否定されることもない無味無臭な精神の内的空間。内在すれども際限のないような、思考がただペースト状に広がっていくかのような感覚が、ダラっとしていて心地が良い。

 

これは、一種のナルシシズムかもしれない。

考えている、ような自分が好き。

側からみれば、ただの自慰行為だ。

 

さて、ここまで書いたところで、当初の発言の観点に照らして、僕の「手癖」で書いた内容が、「信頼性が保証される情報に依拠されているか」を考えてみると…

 

やっぱりそうでない。

つまり、この記事は、無価値だ。

何かをあるように見せかけて、いや、見せかけるテクニックすら伴っていないかもしれない。だとすれば、本当にただの無価値だ。

 

これは、何に対してか、申し訳ない気持ちしかない。