レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

勉強2

2日目…p63まで

 

今日はわりと可処分時間の許す限りできた気がするが、まだ無駄がある。

合間合間にニコニコ動画を覗いてしまう痴れ者である。

 

仕事面でも割と降りかかるタスクが多く、細々としたことだが、準備に期限にも追われていたりもする。降りかかった仕事はきっちりこなしたい。しかし、勉強もこなしたい。

頭を使わねばいけないし、おそらく一日のどこかで思い切り、健全に腑抜けるようなタイミングを作る必要がある。

 

年下の友達から、少しの間家に滞在したいという声がかかった。なんでも、僕に頼みごとがあるとかで。

このことは、嬉しかった。しかし、タイミングがタイミングで…今の僕は、本当にキャパシティを超えそうだ。

こういうとき、禁句めいたことを思ってしまう。つまり…「学生だったらなぁ。時間があったらなぁ」

 

今更ながら、アニメ「SHIROBAKO」をAmazonプライムで視聴し始めた。おっっもしろい。

なんでこういうのリアルタイムで観なかったかなぁ〜〜。

当時20くらいだった。あの時は、モラトリアムどっぷりというような体たらくで、実社会での自身のあり方のことなどまるで考えていなかった。僕自身のキャリア含めて。まるで、大学には通えども、どこか浮遊感があり、液晶の中で過ごしているかのようだった。

自分からそうなりに行っていたのよね。現実と向き合おうとしている人とはとことん距離を置いてた。

というわけで、実社会の想起性が高いこのアニメも、本当は興味津々ながら、もれなく目を背けていました。

しかし、PAワークスのアニメ、ビジュアルのディフォルメ具合が絶妙だなぁ。

ドラマよりではあるけどアニメ的演出は欠かさない。というか、実写ドラマで描くようなことをアニメーションの文脈で解釈して出力する感じ。で、そのおかげでいい具合にポップさが出ている。かなり独特の温度がある。

 

とにかく…

「今、ここで」戦うことを思い出したのだから、その想いを補強してくれるものを求める。

いや、創作物の根幹の主張は、大抵、何だってそうなのかもしれない。それに僕が気づかないだけなのだろう。

その程度の想像力しかないから、それが分かりやすい作品を求めるのだ。

「今の職場で頑張る物語」…こんな題材は、まさに分かりやすく示される「今、ここで」戦う物語そのものだろう。

 

……

 

 

鉄血のオルフェンズ、三日月の最期を思い出す。

孤立無援となり、それでも仲間の逃げ道を確実とするために自らが捨て石となり時間を稼ぎ、ギャラルホルンの大部隊の前に、奮闘むなしくついに力尽き倒れるミカ。

遠のく意識の中、自分とオルガが立ち上がった日のことを思い出す。

それは、「本当の居場所」を探すための一歩だった。

そして、それからの戦いを俯瞰したとき、その過程で、実はもう、「本当の居場所」がそこにあったと______仲間との日々と、そこに自分がいたという事実こそが、「本当の居場所」そのものだったと気づく。

彼は、「今、ここで」戦うことに満足して、その命を散らした。

 

 

俺たちはもう、たどり着いてた。

俺たちの、本当の居場所…

 

 

 

………

 

 

そう、思い出しはしたが。

今のこの場を、僕の居場所と思うことは…少し抵抗がある。

 

ぶっちゃけると、組織のスパイとして入ったやつが、組織の仲間の暖かさに触れ感化、本来の仕事を果たすために裏切ろうにも葛藤が…みたいな心情になっている。そこまで大それた役じゃないが!

 

しかし、ある程度感情にフタをしてもいいとも思える。それで、やらなきゃと思うことをする。

そういう割り切り方はしてもいいと、やはり今は思う。

 

人はいつか、時間さえ支配できるようになるかもしれないが、僕らはまだ、限りあるその時間に対して、四苦八苦して、戦っていかなければやっていけない段階にある。…と、思う。