レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

勉強 3

貰い物だが、缶ビールを飲んでいる。

ビールは、まずい。

24という歳を迎えたが、ビールは、飲めはするが、好んで飲みたくはない。

個人的に、ビールは、味を楽しむものでない気がするからだ。

ワインは、アルコールのクラっとくるようなどぎつさと、果実の香りと、その凝縮された味など、五感の多くを使って楽しむことができるから、好きだ。

しかし、ビールは、それを楽しむのは、五感を使ってなのだろうか?楽しみ方が、分からないから、好きになれない。

 

ある時、友達が言っていたことを思い出す。

「ビールはノリで飲むんだよ。味とかじゃなくて」

これは、そう思う。

現に、今一人で飲むこのビールは、何を楽しみとして飲めば良いのかわからない。

おそらく、それを飲むときの感情をトリガーとして、それを増長させるべく、飲むことが、ビールを摂取するコツなのだろう。

「今日も一日、お疲れ!俺!ビール一杯!」

というような動機で飲むのが、一般的なのかな。

でも、僕はそうでない。イヤに根が曲がっているのだ。

「今日は一日…疲れはしたが、この程度で疲れたと思って良いのか?余計なことで疲れてはいないか?どうすれば…」

と、振り返るというか悩み、こんがらかり、ちょっと自暴自棄になる。

そういうものを吹き飛ばしてくれるのは…

僕にとっては、ワインの香りと、味だ。

「考えてもしょうがない…いい匂いだ!いい味がする!…ア…酔いが回ってきたな…」

僕のアルコールの摂取の仕方は、このようなものだ。

 

…………………………

 

 

77ページまで。

進捗…悪いね(^_^;)

実は、モチベーションを殺すことがあった。

23日を試験日として、休みを申請した。

それを段取りしてもらう手筈だった。

しかし、それが崩れた。

 

つまり…人がいないから、23日に出てくれ、となったのだ。

 

泣きそうになった。

 

だが、どうにか都合してみせる。

 

 

 

 

 

…………………………

SHIROBAKO相変わらずおもろい。

なつぞらもいいけど、こっちもいいよね。

 

ぶっちゃけ、アニメ業界への憧憬の念は出てきちゃいます。

でも、今は、エンタメとして楽しみます。