レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

片想いであるのか?

ふと考えると、そのように思う。

 

「彼氏でもないのに、…」

「お前、本当に最高の友達だよ」

 

よく覚えている言葉だ。

 

 

でも、僕たちは、本当に話をしていると思う…

 

 

だから想ってしまう。

そして、想い合っているでろうことを望んでしまう。

 

「ここまで話すのはナオくんだけ」、

「ナオくんの…がすき、…なところがすき、…がすき」、…

 

逆に、こう、色々なことを言われたこともよく覚えている。

 

 

 

総括してみると、やっぱり分からない…

 

 

しかし、少なくとも僕は、異性として、大いに好いている。

「愛するから、愛してほしい」というのも、傲慢なようにも思える。

だから、僕がその人のことを好いている、思っているという事実を、僕が自覚するだけで、良いと思……

 

 

 

えるわけがねぇ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

最近は楽しいが、そんなもやもやもする。

 

人のセックスを笑うなとはいうが、

本当にそう言わせてほしい。

 

いや、全くセックスの以前の以前でしかないが、笑わないでほしい。

 

 

 

男の恋愛バカみたいのは、側からみるとちょっと気持ち悪いかもしれない。

 

とにかく、想いや愛は、密かに暖め、育てるものでありたいという気持ちがあるので、もう記述はしない。

 

しかし、書きたい衝動が湧き上がってしまったので、この記事に関してだけは、書いているという次第である。