レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

2020/03/30


f:id:nagisaseer:20200330215334j:image

もうちょいで二桁!

f:id:nagisaseer:20200330220618j:image

7戦5勝2敗。全然ランク上がらん。

たいきさんは、おそらく僕の知っているプレイヤーだ。

おもしろ強ムーブ、つよポケモンを使ってくる印象で、実際そうであったので、おそらくそのたいきさんであるはずだ。

負けたうちの片方はどうしようもないが、もう片方はほんとプレミ響いちゃった。

 

 

 

嫌な予感するので、今期は最終二桁フィニッシュを目標にします。

50位くらい行ってれば最終盤の順位の変動巻き込まれても二桁維持できそうなイメージ。

 

今日は特に特筆すべきこともなく、普通の出勤日である。

が、大いに仕事を残して(主に集金業務)、明日の休日という形になったため、ひっそり休日お仕事をしようかと思う。

 

最近、ひしひしと感じること。

 

仕事!女!ポケモン!ちょっとおえかき!

 

ほんとこんなことしか最近頭にない。

 

でも、いいのだと思う。

今まで、何らかの知識をインプットするとき、

どうもその知識に引っ張られていた印象がある。要するに「ブレ」である。

 

今もべつに、インプット要素のジャンルが大きく変わった様子はないが、とりたててポケモンバトルへのアンテナを最重要視しているがためか、頭の中で優先順位ができている。

 

そのような自覚が、自分を落ち着かせてくれている。

 

相対的な自分の立ち位置でなく、絶対的な自分の現状の受容。

 

10代、20代という、いわゆる「若者」特有の、肥大化した自意識ゆえの極端な価値観だとか、まだ多くの他者を知らないが為のなんとやらだとか、そういう不安定な精神性から、ともすれば、いよいよ脱却できそうな気がしている。

 

たいそうな物言いをしやがって。

 

でも、これからなんだ。これからが忙しくなる。僕の仕事が増える。

 

でも、お仕事というのは、社会というのは、僕だけが忙しかったり、僕一人がキツイ思いをしようが、そういうことはさしておかま無いなしだったりするのよな、良くも悪くも。

 

こう、時間あると思える時に、ラクになっておこう。