レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

テラハ心に刺さる

夢叶えて、その後もひた走って現実と戦い続ける、しかもルックス抜群で、というかそういう清さあるからこそそのルックスなのかもしれない、そんな男が、忙しい中でも考える限りの思いやりと愛を1人の女性に捧げて…それでも成就しない。

 

でもお互いそれだけ真剣に考えるからくっつかないのだ、と言うと、理屈としてそれは真っ当だ。

 

でもさ…気持ちの話すると…報われねーよな。

 

ペッぺ頑張ってた。

告白して春花にフラれた瞬間なんか僕もちょっと呆然としてしまった。

 

正直泣くだろこんなん。男としてはさ!!

 

ポケモントレーナー兼恋活戦士として生きていくぅ〜