レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

ただの日記

 

 

f:id:nagisaseer:20200521211845j:image

 

f:id:nagisaseer:20200521211833j:image

刺さるなぁ〜〜〜。

そして正直共感している。

 

 

 

仕事が休みだった。
今日やったこと。
・PCを初期化した。その後に配信機材を物色しポチっていった。

f:id:nagisaseer:20200521211808p:image
・REシャッコーを素組みした。

f:id:nagisaseer:20200521211751j:image
・録画していたやつをある程度消化した。
ダーウィンがきた、世界の哲学者に~、若おかみは小学生、100分de名著)

f:id:nagisaseer:20200521212132j:image

↑この台詞はマジで使っていきたい。

 

 

お絵かきはしなかった。
30秒ドローイングくらいしかしなかった。
こんなん半日でやりきれそうなもんだが、一日かけてしまった。

午前中、何だか箍がはずれて惰性オナニーをしてしまった。
それがあったり、お絵かきに際して、こないだのハッサムが自分の中でもかなりいい出来の部類だっただけに、自作を描くことに逆にビビったり、ただの自縄自縛にすぎないのだが、
口だけでランクマッチに取り組めていない自分とか、
そういうことで一人で考えてしまい、身動きをとるのに時間がかかってしまった。


そんなわけで、ある程度のことはしたのだが、活動をするまでに時間を要した。

だが、気づいたことだが、おそらく僕は、確実に稼働効率そのものと、メンタリティの持ちようは少しずつ改善されている。

以前、休日は、萎えていた時はなんとか気を持ち直すのに夕方までだとか、何のタスクもこなさずに終える等は正味ザラにあった。
さらにいえば、その萎えを解消するために齋藤さんだとかなれ合いツールを利用し、文字通りの「傷をなめ合う道化芝居」に浸ることさえあった。
これは本当に、生産効率的な観点をするのもなんだが、「無駄」でしかなかった。
「自分が興味あることをする」意味では、今日なんてのは持ち直してできた部類の一日であった。

同時に、今後の身の振りかた、それも具体的な時間配分を改めて考えた。機材もポチった。

なかなか、言葉だけで終えていたことを、ようやっと行動としてできるようになってきたかもしれない。

あと、それでもペースは鑑みると遅かったり遅筆であったりするが、
一月に2枚既にカラーイラストを完成させたこと。これも社会人になって初である。
そのことも正味嬉しい。自作は5/25までに完成させる予定。
来月は4枚あげる。そして、ランクマッチの試合数を恒常的にこなせるようにする。
順位は気にしないでおこう。
来月は、「自分で決めた取り組み度合いのノルマを達成する」ことに重点をおくこととし、実績そのものに拘るのはちょっと後回しにしよう、と決めた。

比較論でなく、僕は僕としてこれをしよう。

 

f:id:nagisaseer:20200521212252j:image

おっこは、近しいものの不在を突きつけられたそのタイミングで、二度『自身の存在の自覚』をした。

交通事故の相手車家族が判明した後と、クライマックスの踊りの場面だ。

前者は、『父母の不在』を、後者は『幽霊だが友達であったうり坊や美陽、鈴鬼との決別』をはっきり認識する。

しかし、劇中のおっこは、↑の写真のように、『そこにある自分』の存在を見失わない。

「私は春の屋の若おかみ、関織子だ」という意識のもと、然るべき自身の立ち振る舞いを果たすのだ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

僕たち、どこかで、「僕は僕だ」と嘘偽りなく心底自認できなきゃ楽になれない。

 

でも、簡単にそれは揺らぐだろう。揺らぐかもしれない。

 

そしたら、また自覚を取り戻すんだ。

その時に、より強固にそれを再認識できればいい。

そうするしか、ないものな…‼︎