レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

2021/02/06

f:id:nagisaseer:20210206205907j:image

梶くんの修羅場がみれる「ぴぷる」ドラマ版、Netflixにて好評配信中!(含意的な物理スクショだ…)

 

 

今日はちょい本読んだとか、おけ毛の処理をしたとか、ドラマ見つつとか、30秒ドローイングをしたりとか、可処分時間の使い方はそんなであった。

 

●ここは今から倫理です

面白い。新聞だかで紹介をみて触れてみた。

つっても第3話からの視聴だけど。

f:id:nagisaseer:20210206210119j:image
f:id:nagisaseer:20210206210122j:image
f:id:nagisaseer:20210206210114j:image

 

「よく生きる」ことについての会話は、Vガンダムでもあった気がするなぁ。地球に再降下、潮風を前に、鯨たちの骨を前にして生死を感じた時のウッソたちの会話。(小話)

 

できる範囲で、美しくありたい。

だから、僕はというと、

・食生活に(できる範囲で)気を遣う

・毛の処理

・小洒落ていたい

こんなことを心がけている。かもしれない。

生身の身体を、そのままよく見せられるような…そう思いたいと感じている。

 

f:id:nagisaseer:20210206211510j:image

新しい眼鏡を今日、受け取ってきた。

これも、美しくあるための一つの行動なのかもしれない。…プライベート用にしようかな。

こんなわけで、身なりをどうするとか、そういう感覚が、美しくあるための「実践」の一つなのかもしれない。

 

僕が、なんでそんな事をするのかというと…

多分、愛のためなのだと思う…

 

誰かを愛したい、愛する自分は、自分で自分を美しくあれると思っていたいと、

互いが、自身を美しいと思って、愛しあえるならば、そんなに幸せなことはないと思う

 

僕は、ガッツリ異性愛者だが、そのような前提があるからどうだ、という自分への枷は捨てても良いと思えた…

 

 

 

ユリイカ 2020年9月号

f:id:nagisaseer:20210206210235j:image

かわいい女の子が好きだ

⇨かわいい女の子を描きたい

⇨女の子のディテールを、全て知りたい、身体的な内外から…

⇨モチーフの「女性」の内面とは、どのようなものか?

⇨自分と近しいと思しき性質、すなわち「オタク」たる女性への関心がある

 

というような購入動機であった。

とりわけ、ジェンダー論とフェミニズム、抑圧についてが多く語られるとわかった。

そして、「女性オタク」という物言いが、ある種の蔑称的ニュアンスも挟んでいるかもしれない事を…

 

僕は思った、自分という存在が、何も考えず生きていて振る舞っているだけで、その自然的な振る舞いが、ともすれば暴力を振りまいているのかもしれないと。

今、こうして文章を書いている姿勢そのものもそうだ。

 

まだ読み途中であるが、読んでいて、僕は無性に泣きたくなり、泣いた。

 

女性という身体への感情は、様々ある。

劣等感、羨望、情欲、罪悪感、尊敬、畏怖、抑えつけたいという欲求、…