レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

2021/02/09 デッサン①

f:id:nagisaseer:20210209215841j:image

 

通い始めた。

とはいえ、今回は初回体験という形であり、実質的な入学はまだしていない。

 

僕は、デッサンというものの手法をきちんと学んだことが実際なかった。

 

なので、特有の塗り方や鉛筆の持ち方、最初は戸惑った。

あと、影塗りも思うようにいかない。

大変だと思った。

 

ほんとは、楽しんでやれればいい。

でも、うまく描けない自分の惨めさ、悔しさみたいな感情の方が上回ってしまった。

 

そのような事を、先生にも伝えた。 

終了後のフィードバックの中、

「どうしてもうまく描こうとしちゃうかもしれないけど、色々やってみたり、「これはこうなる」みたいのを実感して覚えていく感覚がいいよ。楽しむのが一番」

と、先生からはアドバイスを頂いた。

これ、さいとうなおき先生も同じようなことを言っていたな。

 

僕は、自分が描いてきたものを先生に見せた。

よく描けていると褒められた。

プロの方に褒められるの、嬉しかった。

そして、こうも言われた。

「メカとかは分かるけど、漫画イラスト系で女の子とか描くにあたってデッサンいる?」

これはその通りだと思うし、さいとうなおき先生も言っていたことだ。

「デッサン力は、イラストには必要ない」

と。どころか、その「物をリアリティたっぷりに描く」ことが却って邪魔になってしまう可能性とか。

 

そうだとしても、僕は通いたかった。

 

1番の本音は、「描く人たちがいる世界」に触れたかったからだ。

僕の他の、絵を描く人というのは、どんな人たちなんだろう。

そんな世界にすら触れていなかった。

中学の美術部では、なあなあにしてしまったし、高校では、半ば逃げた。

そういう志だから、デザイン学部の大学は落ちた。

今はもう逃げたくない。

ほんとに今更なのだが、足を踏み入れることを躊躇いたくない。

そんな風にカッコつけて言える事じゃないのかもしれない。

 

だけど、踏み入れたかった。

知りたかった、自分のしていることに命をかけている人たちのことを、心底笑ってそれをやっている人たちのことを…

 

これ、ポエムだな。

 

「入るかどうかは君の自由だから、入りたいというのであれば連絡待ってます」

と、先生から。

 

こういうの、商売だから、商魂たくましくやるのものかも思っていたけど、

僕自身の判断を尊重してくれる姿勢に、ああ、好きでやっているんだな、と本当に思った。

 

週に三回のペースで通い、

このまま続けようと思う。

 

しかし、これは、一歩目の一歩でしかない。

踏み入れたことは我ながら偉いと思う。

 

ちっぽけなことでも自分を褒めよう。

 

P.S.同じ教室に、僕と同じくらいか少し下くらい歳の女性が部屋に同居していた。入って二回目くらいらしい(先生談)。ちょっとロマンスを感じなかったわけではない。が、何も話しかけられん…勿体なきかなぁ。

今度居合わせる機会があれば、話しかけてみたい。それは、人として気になるからか?

当人が男性なら、歳が離れていたら、そういう気をおこすか?

だから、「歳の近しい女性だから」話しかけるのでなく、「居合わせた人だから、立場が近いと思ったから」興味を抱いたのだ、と思おう。

僕が今好きな人は…