レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

生きててすみません

生産性のなさすぎる人材と化しているようで哀しい。

 

 

システムがよくできた会社は、その会社の人間も善い成長が見込まれる可能性が高いです。

システムの策定が曖昧で、結果拘束時間だけが異様に延びてしまうような子供の会社だと、ジレンマや負の循環など、諸要因からシステムのパフォーマンスも悪ければそこに属する人間もやはりそのシステムなりの人間にしか大抵はなりえない。

 

話は戻るが、なぜシステムがよければ、人材もよくなるのか。

答えは簡単で、かつてシステムを作る人間が、そのシステムに準じることで健全に成長できるような業務フローを作ったからです。

 

僕のいる会社、正直ね、もはや会社とすら呼ばないようなシステムの策定が曖昧な代物なんだよ。

たいていの社員は、「そこに異議を唱えて席を外されるともはや食い扶持がない」立場の人間ばかりだから、会社の犬しかいない。

そのような反吐がでるような労使関係の元になりたっている。

 

そして、僕も会社の犬である。