レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

上司に言われた

要約すると、こうだ。

「上役からも言われたけど、もっとしっかりと、早くやって欲しいんだよね。そろそろ後輩も入ってくるし」

「休みもあるけど、仕事ありきで考えて欲しい」

 

対面で上司と打ち合わせたとき、こんなことを言われた。

 

反論はしたい。理屈はある。

が、これはその通りだ。

 

僕には、競争心というものがない。

いや、同僚がいないのだ。だから、「アイツ、あんなに出来るのか。僕もやってやる」という明確な比較対象となる相手がいない。

 

やはり、手ぬるく育ってしまったのかもしれない。

これまでの社会人生活にしろ。以前にしろ。

そのような性質が仕事にも表れ、結果としてこう言われるに至ったのだろう。

 

僕は、「成長痛」を恐れている。

それは、仕事で新しいことや、やり方を変えた時のストレスが半端でないから、イヤだ、ということだ。

 

しかし残念なことに。

こんな仕事を、こんな環境を選んでしまった。

そして、「今すぐに辞めてやる」という度胸がない。

この状況で辞めるのは、男が廃る…という物言いはしたくないが、事実そのような心情がある。

また、どのみちキャリアがなければ、対外的な評価もない。

となれば、まだ続けるしかない。

 

再三書いていることだが、僕は、ひどく前時代的なこの職場環境が大嫌いだ。

しかし、気づいたことがあるが、これを変える役割は、僕の役目ではない。

今の僕の役目は、自身に降りかかる仕事を、まずはきっちりと、手早く終わらせること。

そこに、少しのプラスアルファをもたらすこと。

 

 

このような方針で、僕は仕事をしていこうと決めた。

そして、仕事に対してあれやこれやと考えすぎないこと。

 

 

悔しいけど、僕は男なんだな。

 

気迫が、気持ちがどうだというのは、信じていない。

対外的に可視化できる行動や、その変化がなければ、やはり善い方向になど傾くわけがない。

 

そこで僕は、まずは上司に対して自身の就寝タイミングを報告する、という作戦をとることにした(たまに朝刊時間に起きられず遅刻するため…て、情けないなこれ)。

 

 

気持ちが何になる…とは書いたけど、今の僕の本心は、

「こんなヤツら殺してやる!!!!!僕はできるんだ、やればできるんだぞ!!!!!」だ。

この気持ちを抱いたことも忘れないでおこうと思います。おやすみなさい。