レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

ガンブラスターいいわぁ〜〜

f:id:nagisaseer:20190610212603j:image

 

ガンイージと並べる。配色(とツインテール)あるだけで全然印象違う。

 

ガンブラスターの好きなところ。

強化版でヒロイックになったのもそうだが、それに乗るのがオデロやとトマーシュという、「男の子」であるということ。

作品内の男性ヒーローのヒエラルキーとして、ウッソが絶対的頂点にいるとしたら、その下にオデロとトマーシュがいるという構造だ。

ヒエラルキー構造いえども、ヒーローとしては、つまり主人公としてはそれぞれ独立した立場を魅せているのが素晴らしい。

 

Vガンの「少年隊」みたいな雰囲気本当ガンダム作品でも独特だと思っている。

周囲に大人がいる組織の中でなのに、それを描いているという。

つまり、独りよがりな夢物語としての、変に都合を無視したパワーバランスのおかしい、強すぎる子供たちとかでなく、整合性をとったうえで、戦う子供たちを描いているという。

 

で、ヴィクトリーもガンイージ(ブラスター)も、絶妙に童顔フェイスなのよね。

これが、やはり、「少年の器」たるモビルスーツの象徴を示すに本当に強く作用していると思う。

だから、これらの機体にはどこか暖かみを感じる。母性的ではないが、しかし包容力のある何か。

 

 

とにかく、ガンブラスターは素晴らしい。

少年が乗るから素晴らしい。(なんか危ない一文)