レールに乗らざるを得なくなったはずレールガン

もがくしょうもないオタクの脳内

今年からの事事

自分と向き合うことをしようと思って、ずっとしていなかった。
それが、二ヶ月間と貯まってしまった。

そうすると、僕の心に膿ができ、それがうずいて、気持ちがわるくなる。

そういう気質の持ち主だということは、肌感覚でわかっていた。

しかし、それを吐露する先が、どこなのかということを改めて考えてしまった。

でも、ここでいいのだと思う。はずレールガン。
今、僕の心を撫でることができる人間は、僕だけな気がする。
だから、それはしておかないと、どうにかなってしまう。

これは、セルフケアなのだ。

<1月>

●元旦

家族旅行にいった。
泊まったホテルでやっていたこと。それは、マホイップの育成だ。
僕はこの日、8体ほどのマホイップを育成した。
物理型、チョッキ特殊フルアタ、でんきだま投げつける、とける瞑想自己再生の積みエースetc...
マホイップはかわいい。
最終進化でありながらも等身が低い愛らしい容姿に、保護欲をかき立てられる。
同時に、ホイップクリームを模した柔らかそうな姿に、包容力をおぼえて、癒やしをも感じる。

これは2020/02/28現在の話だが、僕はアメざいく7個×9種類のカラーリングのデザインのマホイップを所持している。
きれいなポケモンは、並んでもきれいだ。
それは、アパレルショップで、シルエットは同じでもカラーリングが色とりどりのアイテムが並んでいるとき、思わず少しきれいだと心地よくなる感覚に似ているものだと思う。
きれいなポケモンを愛でる者もまた、きれいでありたいとは思うものだから、
そうあるように努力を...少しばかりか しているのかもしれない。

いつだったかの僕は、家族との向き合い方に頭を悩めていたが、この日家族一同に会した時は、2,3ヶ月ぶりかの再開であったにも関わらず、そっけなくした。
それでもいいと思ったからだ。

向き合いたいと思うものすべてに、完全に向き合うことなんてできやしない。
それは、理想的な物語にしか存在しない。
だから、僕は吹っ切れてしまった。
僕の家族はたしかに、僕の主観からすれば、どこか薄く、ネグレクト気味なつながりであるのかもしれない。


”だからなんなのだろう。”

そう思ったから、吹っ切れた。
きっと、ドラマに毒されすぎていたんだな。


何と言うこともなく、旅行を終えると家族と別れた。
そして、一人の生活に戻る。少し寂しくなる。それは、普通の感覚である。

 

●オフ会
1月半ば。
道オフと、すすきのゲームバーのシングルの小オフに参加。
ダブルが本業なのに、道オフは負け越し(1-2)。後者のオフはシングルで優勝。
でも、優勝自体は嬉しいのだ。

 

●ガラルルーキーズ
1月下旬。
かなり、考えていた。
しかし、手を動かすのが遅かったり、妥協した部分がないわけでもなかった。
考えてはいても、計画性と、実践時間をもうけなかったおかげで、最終的に思い出すもツライ結果となってしまった。
ここでの意気消沈から今に至るまで、もしかしたら、ここでの喫した敗北を引きずりつつあるのかもしれない。
同時に、引きずりつつ、身を引くことで、少し感じてしまっていることがある。
それは「トレーナーとして実績をあげる義務感から、少し解放されたかもしれない」という感覚だ。
それで、いいわけがない。

あと、この大会で得た教訓として、PTの成果が想定以上だと感じたら、レートが上ぶれている時に引き上げるということ。

これは経験則だが、対戦数を重ねたとき、PTの完成度が想定通りもしくは想定以下の結果となることはあっても、想定の上をいくということはまずない。
数を重ねたとき、必ず然るべき結果となって返ってくる。
これを、自身の教訓として強く覚えていたい。

●仕事
相も変わらずの拘束時間で、忙しいのはその通りなのだが、何をしていたかイマイチ思い出せない。あまり、雪の降らない月であった。

<2月>
●仕事
・激化。まず、月初にそれまでの少ない降雪量の穴埋めをするかのように、いきなりどかっと雪が積もった。それにより、配達状況は例年通りのキツさとなってしまった。
寒い外に数時間といると、疲弊する。その分体を休めなければいけない。つまり、その分寝なければいけないので、可処分時間はそれだけ奪われるということだ。
・月初め。後輩の一人がケガをする。配達人員に穴が空く。同盟店の社員も入院沙汰。
 月半ば。配達員の一人がケガをする。
 下旬。集金パートさんは手術の関係で今月休み。代理は僕がつとめる。
そんなこんなで、慢性的人手不足。それでもどうにか、合間合間に休日を工面した。
僕は、シフトの管理者である。だから、何かがあったときのシフト調整は、僕がすることになっている。今月は、ほぼ毎日シフト体制が変わった。それくらいドタバタしていた。
SHIROBAKOの現場さながらだと、思っている。そこまででもないのだろうが...振り回される心労は、確実にあった。
それでも、去年の今頃と比べれば、ラクにはなっている。
一番大きいのは、一年間を経過し代替把握できたからというのはあろうが、単純に自分の集金業務がある程度後輩の仕事として回され、その仕事が浮いたということである。
去年は、ツラかった。
集金件数も多く、朝刊も夕刊も出ずっぱ。それでいて「休日は休め」とくる。
ましてや、マイナス10度となろう肌寒さと、安定しない天候だ。
ムリに決まっているだろう...!!

それでも僕は、「ハイ」と答えた。
エスと言わなければ、脅される。
少しでも、自分が諸々の事情により至らなかったことを告げようものなら、「じゃあ、その分仕事減らして、その分の給料しか支払えないね」と。
それを言われるのが、たまらなくイヤだったから、僕は、ムリだと思っても「ハイ」と答えるのだ。これは、今もそうである。

だから、僕は、職場ではイエスマンだ。
それが処世術なのだ。
自分の意見を言うとする。それはたいてい、即座に否定される。もしくは意見を通すための手立てを求められる。
意見を言うと、かなり自分にとってストレスがかかる。仕事が増える。
だから、どんなに何を思うことがあっても、イエスマンでいる。
もうそうすることに、何のためらいもない。
そしてこの感覚が、麻痺した何かだということは分かる。でも、それでいい。

時折言われる。「君個人としての意見はどうなの?」
こういう時は本当にイヤなのだが、それっぽい無難な案をいう。
そうやって、やり過ごしている。

僕は、上司に対する愚痴や不満は、もはや持ち得ない。
そのような感受性を持つこと自体、自分をすり減らすことになるからだ。

だから、ただ、従うだけ。
それがラクで、スムーズにいくということを、知った。


●かゆみと戦う
今月上旬。
季節特有の乾燥。拘束時間ゆえのお風呂時間の確保の難しさ。着込むことによる衣服のこすれ。元々の僕の皮膚の弱さ。諸々理由はあろうが、まるでアトピーのごとく、他が何も手につかないほど、寝ることすらできないほど、酷く全身がかゆくなったことがあった。
本当に酷かったので、皮膚科にいった。薬をもらい、それを塗ることで、なんとか収まってはいるのだが、実は今もかゆい。
特に、頭皮が顕著である。不潔な話だが、あきらかにフケがこれまでよりも多く出てしまったり、本当に頭を悩ませている。
また、皮膚科にいかなきゃなのに、なかなか行けないでいる。
ぼーっとしてると、すぐに仕事が始まってしまう。タイミングが難しい。

●免許更新
次半ば、休日にいってきた。違反者講習である...。
しかし、そうなるだけの試行回数を積んだということだ、ヘタなドライバーよりはよほどペーパーではない免許である証でもあろう。開き直りだが。
免許更新センターにいくだけでも苦労であり、それだけで一日が終わった。
この日の移動時間だけで、僕は一冊の小説を読み終えた。野崎まど著「ファンタジスタ・ドール イヴ」だ。かなり、心をゆさぶられた。かなり、入れ込んでしまった。

●めがねをつくる
新たな眼鏡を購入。薄型レンズ、ブルーライトカットのオプションもつけて、19800円と、我ながら奮発した。それだけ永く使って行ければという想いもこめた。
しかし、購入時の視力検査で絶望したことがある。
それは、裸眼の視力は0.1、乱視込みで0.05相当ということだった。
2年ほど前は、裸眼での視力は0.3ほどだった。それに比して、落ちるところまで視力が落ちてしまった。

 

そんなこんなで、二月はドタバタしていた。仕事内外でだ。
一つ一つの事柄は、ちゃんとこなしていけば、そう忙しくもないことだ。
だけど、色々降りかかってくるから、心労ばかり増えてしまうのだ。
しかし、そうも言っていられない、そういう降りかかるものを片付けていかなければ、
心置きなくポケモンもできないのだから...。